光吉農産の紹介

お米への想いと取り組み

  • HOME »
  • お米への想いと取り組み

『我が家の米を食べて頂いて笑顔になってもらおう!』
『食卓に笑顔を届けよう!』
『安全・安心そして美味しい米を作ろう!』
この三つのことを想いながら、日々の農作業に勤しんでおります。

我が家で栽培している『夢しずく』と『さがびより』は
29年産で特A評価を受けています。
この二品種のお米をより美味しく・より安心して食べて頂けるよう、
農薬・化学肥料を一切使用していないお米、農薬・化学肥料の使用を
半分以下にしたお米の栽培を行っています。
農薬を使わずに栽培するのは、とてもとても大変です。
何が大変かというと、雑草です。
雑草が生い茂ると風通しが悪くなり稲の生育に影響したり、肥料分を取られて
稲の生育が悪くなったりするのです。
ですから、雑草取りは大切な仕事なのですが、猛暑の中の作業はとってもきついですが・・
安心・安全で美味しいお米を待っていて下さる方のことを想いながら、日々勤しんでおります。

また、今年からは一部の圃場で『株式会社オプティム』様のAIシステムを使った
『スマート農業』に取り組んでおり、『スマ-ト米』の生産にも取り組んでおります。
この『スマート農業』とは、毎日(雨天・強風の日は除く)ドロ-ンで空撮を行い、
そのデ-タをクラウドにアップすると、それをAIが害虫がいないかを解析します。
AIが害虫を確認して、農薬散布の必要があると判断した場合には、AIが示す部分のみに
農薬を散布します。
もちろん、農薬散布もオプティム様の最新鋭のドロ-ンでしていただきます。
AIは人の目では確認しづらい害虫や被害をいち早く察知してくれるので、部分散布だけで害虫の防除が
可能なのです。
今までは、被害が出ていなくても予防の為に全体に農薬散布を行い、被害が確認されると更に農薬散布を
行っていました。
しかし、『スマート農業』に取り組んでいる圃場では、AIからの指示がない限り農薬散布は行いませんし、
行ったとしても部分散布でOKというわけです。
そうすることにより、残留農薬をほぼゼロにできるのです。
ちなみに、今年『スマート農業』に取り組んでいる圃場には除草剤以外の農薬散布は一切行っておりません。
農薬を必要最低限の使用にし、残留農薬をゼロに出来るのであれば、農家にとっても、消費者の方々に
とっても、とても良い取り組みであると思います。

お気軽にお問い合わせください TEL 0952-34-9020

PAGETOP
Copyright © 光吉農産 代表者 光吉浩之 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.